2018年03月23日

明日のれんしゅう

たのしそうでいいですね
posted by もかまろ父 at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

まろんと長兄

長兄が東京に行ってしまって2年になり、たまの帰省でも、
まろんはわかってるんだかわかってないんだか、
あたま撫でられて耳を倒すくらいで、
長兄に対する反応もあんまり無くなってしまった。

長兄のほうは今回同級生と、三宮すぐの40人ほど入る音楽バー 
ピア・ジュリアンで、3/24夜にピアノとチェンバロのコラボを
するということで帰ってきている。
食事をしながら、19:30〜と21:00〜の全2部からなるものにするとのこと。
IMG_3881.JPG

ダンシングナイトと銘打ってるので楽しそうだなあと思っている。が、
家には次兄が居てくれるのでとりあえずお犬は置いていけるとはいえ、
まろんが家でアオアオ泣かないか心配なところである。
できればおんぶ紐でくくって会場で座っていたいくらいだ。

知り合いの人が来てくれないかなぁ、そしたら第1部で心おきなく
帰れるのにと思いつつまろんを見ている。まろんもこちらを見ている。
まあこんな感じである。
IMG_3388.JPG
posted by もかまろ父 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

testの巻

こんにちは

まろんちゃん、もかちゃんは元気でやってます。まあこんなかんじです。IMG_3633.JPG

IMG_3859.JPG

posted by もかまろ父 at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

ファイナリスト

ショパコンももうすぐ終わり。
遅い晩飯にaimi kobayashiのファイナルをyoutubeで聴く。
中学生のころはあどけない感じだったが、
音楽への苦悩のあとを感じる面立ちになっていることを思うと、
ファイナリストにふさわしい。

はじめは何者ぞの雰囲気だったが1楽章の途中からオケの表情も変わった。
上位は固いかな?

しかし他の動画もそうだが、評価ボタンに多少の組織的悪意を感じたりするのは気のせいか。
まあ昔しから各人各組織各国対象に政治的にも民族的にもダークさ渦まく世界だから
地元の観客のみがショパンの真実を語る

とまれ、こは祭典の季節
posted by もかまろ父 at 07:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

長らえる

まろんも9才になった。皮膚がちょっと茶色くなって、顔もすこしシワが増えた気がするが、食欲とチャプチャプ(お風呂)欲は今でも変わらず旺盛で、元気に毎日過ごしている。

ところで今朝テレビをつけたら阿川佐和子のトーク番組に八代亜紀がゲストで出ていた。
八代亜紀といえば演歌の女王。ヒットを連発、何度も大賞をを受賞した美人歌手とくれば、私生活でゴタゴタしたり堕落したりであとが良くないイメージがどうしてもくるが、この人はそういうことに縁が無く、演歌だけでなくジャズやロック、絵かきなど、楽しく活躍しているようである。
その理由として、よい家庭を持っていること、嫌なこともあまり気にしないこと(一晩寝れば忘れると言っていた)などが挙げられるのではないかと思われた。

全く関係ないが、黒魔術や奇行で知られたオジーオズボーンも初老にさしかかった今も元気で活躍してるという。あのころのロッカーはドラッグや自堕落な生活で才能があっても夭折するものが多かったが、この人もそういうことに縁がなかった。
明るい奥さんと子供に恵まれ、家族と番組に出るなど開けっぴろげで、クイズ番組では大はしゃぎし、結局あまり物事を気にしないただのおっさんであった。
一方で天才と言われたランディローズはあっという間に逝ってしまった。彼の場合は事故ではあるが、それでも天才ギタリストと言われた人たちのその後長く幸せに活躍しているというのをあまり聞かないのは何故であろう。
リッチーも一時期は手が動かないなどと噂された時期があった。しかし彼の場合はキャンディスナイトという伴侶を得たということ、彼女と好きな中世音楽で再出発できたということが、長らえることが出来た理由ではないかと考えられる。


そういえば昨夜は山本昌が最年長勝利を得たという。
彼の場合も初めから評価されていたわけではなくむしろスゴイ人たちに囲まれて不遇であったという。
しかし彼の同期のドラフト一位はスラッガーとして期待された藤王であり、かの人には悪いが彼がその後どうであったかは言わずもがなである。才能ある人は長らえるのが難しく、そうでない人は気持ちが萎えることなく継続と努力をすることが難しいのである。山本昌は前向きで努力の継続を怠らなかったことが今をつくったのだろう。前向きさはその多趣味さからも伺えるものである。
そういえば長兄は小さい頃、阪神間に住んでるにもかかわらず何故か中日ファンで、山本昌が好きであった。

アギーレも黒星から始まってしまい幸先よくないように思われるが、実はそれでよいのである。初めがよいと後がよくない。


ということで、まろんには、もかちゃんという時にうっとうしいけれどもゴキゲンで元気な家族が居て、好きなごはんとお風呂に入れて、クヨクヨ悩むこともなく安心していられることが、長く元気でいられるおかげになってるのではないだろうか。

IMG_0296.JPG
posted by もかまろ父 at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(25)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。